ここから本文です

キルギス出身のピアニスト、エルダー・ジャンギロフがトリオを率いて9月に来日決定

CDジャーナル 8月8日(月)17時7分配信

 世界を舞台に躍進を続けるキルギス出身の若きマエストロ、エルダー・ジャンギロフ(Eldar Djangirov)がマッシモ・ビオルカティ(b)、エリック・ドゥーブ(dr)と組むトリオで9月16日(金)から19日(月)までの4日間、東京・丸の内 COTTON CLUBにて来日公演を行ないます。

 COTTON CLUBでのライヴ録音を含むアルバム『ワールド・ツアー・ヴォリューム・ワン』がロング・セラーを続けるジャンギロフ。1987年キルギス共和国に生まれ、3歳でピアノ演奏を開始し、98年に渡米後、2005年に本格的にデビュー。ロン・カーター、マイケル・ブレッカー、クリス・ボッティ、ロイ・ハーグローヴなどベテラン・ミュージシャンと共演を重ねる一方で、自身のトリオでも、驚異の超絶技巧と、ジャズ~クラシック~ラテンを横断する音楽性でピアノ・ミュージックの未来を拓いてきました。今回も天才ピアニストが生み出す、最新の音楽世界に期待が高まります。

最終更新:8月8日(月)17時7分

CDジャーナル