ここから本文です

渡辺謙&南果歩 パルコ劇場に感謝…夫婦共演で“原点”に

デイリースポーツ 8月8日(月)5時59分配信

 俳優の渡辺謙(56)と妻で女優の南果歩(52)が7日、建て替えのために同日で一時閉館となった東京・渋谷のパルコ劇場で、ラスト公演「ラヴ・レターズ」に出演。終演直後に行われた「手締めの会」に、落語家・立川志の輔(62)、佐藤隆太(36)、志田未来(23)らと登場した。

 43年の歴史の幕を閉じた同劇場の千秋楽を、夫婦共演で飾った渡辺は「2人でと言うより、最後は光栄で緊張。パルコの重圧に耐えてた感じ」と感慨深げ。1981年の同劇場での舞台「下谷万年町物語」が本格デビュー作。「中日ぐらいに余りにつらくて、逃げ出したくなりました。ただ、それから映像の話をいただけるようになった」と回想した。

 2013年に同劇場で12年ぶりに舞台出演したことがブロードウェーデビューにつながっており「ここでやると次のステップの扉が開いて縁起が良い」と“原点”に感謝した。

 19年秋には新劇場がオープン予定で、「さみしさもあるけど、See You!!また呼んでもらえる自分でいたいので、その日まで短いお別れ」と再会を願っていた。

最終更新:8月8日(月)6時32分

デイリースポーツ