ここから本文です

『DQX』4周年を記念した“ドラゴンクエスト夏祭り2016”は大盛況!

ファミ通.com 8月8日(月)12時2分配信

文・取材:ライター ゴジラ太田、撮影:カメラマン 小森大輔

●真夏の暑さを吹き飛ばすほどの大盛り上がり! “DQ夏祭り2016”!
 2016年8月6日、去年に引き続き千葉県・舞浜の舞浜アンフィシアターにて、“ドラゴンクエスト夏祭り2016”が開催された。今回は、観覧の当日席も400席用意されているとあって、事前抽選に当たった人のみならず、当日席の抽選を希望する人たち、そしてグッズ目当てで並ぶ人たちで朝早くから大行列ができていたぞ。

 会場の隣接エリアには、無数のスライムのぬいぐるみで作られた記念写真用パネルや、『DQX』の好きなシーンを絵葉書や名刺にできる“ローソンプリント”、そしてスライムペイントコーナーなども設置されており、多くの人が集まっていた。

 新商品も用意された物販コーナーや“Luida’S Cafe”も、会場と同時に人がなだれ込み大盛況! イベント開始前に腹ごしらえをしている人も多く見られた。

●いよいよイベント開始! オープニングでは、まさかのコスプレ!?
 会場の照明が消え、『DQ』シリーズの顔ともいえる楽曲『序曲X』が響くなか、ステージにはMCを務める椿姫彩菜さん、『DQ』シリーズの生みの親・堀井雄二氏、“よーすぴ”こと『DQX』プロデューサー・齊藤陽介氏が登場!

 今回の夏祭りは、去年スケジュールの都合で来られなかった第三期初心者大使の“あ~みぃ”こと阿見201さんの姿もあり、第一期~第五期初心者大使が全員集合という形となった。それではここからは、披露されたコーナーごとに見どころを紹介していこう。

●聞かせてあなたのアストルティア
 ゲスト陣が『DQX』で楽しんでいる様子を納めた写真を見ながら、いろいろトークをするというコーナー。ゲストには、マンガ『ゆうべはおたのしみでしたね』でおなじみのマンガ家・金田一蓮十郎さん、俳優の倉貫匡弘さん、そして声優の近藤隆さん、斎賀みつきさん、福沙奈恵さんが登場した。

●占い師リューザのパルプンテの館
 各コーナーの転換の合間に行われた、第二期初心者大使のリューザこと石川竜太郎さんが占い師となって、館に訪れる初心者大使たちの悩みを聞くというコーナー。といっても、去年の夏祭りに行われた“リューザの部屋”と同様、登壇者たちが言いたいことを言い合うというユルめの内容で、このコーナーを楽しみにしていた観覧者たちも大勢いた模様。

●あかほり先生と行くポーリーランド3
 作家のあかほりさとるさんが、住宅村の1地区をすべて購入し、いくつもの家屋を使ってハウジングで壮大な物語を描く、大人気企画の第3弾が公開された。今回はストーリー性重視ではなく“映画村”をコンセプトに作成したとのこと。そして、映画村で撮影した写真をもとに作成したPVも公開されたのだが、その完成度の高さに会場からも喝采が起きた。

 PVを鑑賞したあとは、齊藤氏が実際に住宅村を訪れた様子を収めた動画が公開された。PVのワンシーンに使われたセットがそのまま置かれているので、訪れたた人たちが記念撮影を行えるような作りになっていたぞ。

 そして最後に、“ポーリーランド3”の住所が“ガタラ住宅村 水没遺跡地区 13579丁目”と公開された。気になる人は実際に訪れてみるといいだろう。

●ダークキング討伐タイムアタック対決!
 『DQX』に実装されたばかりの“常闇の聖戦”第2弾となる強敵コンテンツ“ダークキング”の討伐タイムを、3チームが競うという内容。しかし、夏祭り当日のダークキングの強さは“4”(最強の状態)。実際問題として討伐するのはかなりきびしいとのことで、ポイント制のルールが適用されての対決となった。

 ダークキング討伐に挑んだのは、以下の3チーム。
■ゆうべはてつやでしたね
金田一蓮十郎さん(バトルマスター)
齊藤氏(どうぐ使い)
りっきー氏(戦士)
安西氏(僧侶)

■いきのこり隊
倉貫匡弘さん(戦士)
近藤隆さん(旅芸人)
斎賀みつきさん(魔法使い)
福沙奈恵さん(僧侶)

■初心者?大使選抜
太田裕二さん(戦士)
大山雄史さん(どうぐ使い)
河嶋まいこさん(バトルマスター)
坂口和也さん(僧侶)

 “ゆうべはてつやでしたね”チームは、バトル序盤こそ安定していたものの、ダーククリスタルの出現と同時に、チカラ尽きては蘇生、という状態が長く続いてしまい、なかなかダメージを与えられない。その後もなんとか粘るが、ジリ貧となり9分が経過したところで全滅。9ポイントの獲得となった。

 “いきのこり隊”チームは、討伐を半ばあきらめ、とにかく生存時間を長くしようという作戦。魔法使いをおとりにしながらバトル時間を稼いでいった。途中、あわや全滅という状況では、盾ガードが発動し奇跡的に立て直すシーンも。そして8分が経過したところで、やむなく全滅。8ポイントの獲得となった。

 “初心者?大使選抜”チームは、かなり戦い慣れた様子で序盤から安定した戦闘を展開。ダークキングを押さえ込んで反撃がくるタイミングで“やいばのぼうぎょ”を使うなど、ダークキング戦の模範ともいえるプレイで会場を盛り上げる。しかし、災禍の陣(チャンス特技)や強化ガジェット零式(必殺技)など、キモとなる特技がチャージされず、なかなか思うようにダメージを与えられない。制限時間残り3分ほどで、ついにダークキングの名前が黄色に! しかしタイムオーバーとなり強制退出となった。

●いまだから話せる! ボツネタ祭り!
 『DQX』の開発段階で、世に出ることなくボツになってしまった数々のネタを思い切って見せちゃおう! というコーナー。「これはダメでしょ!(笑)」というものから「これは実装して欲しい!」というものまで、多数のボツネタが紹介された。

<公開されたボツネタの数々>
・やる気のなさそうなラズバーンの攻撃モーション
・どう見ても『○ョ○ョ』ポーズなネルゲル
・ズッキーニャの立ちポーズ
・きめんどうしの怖すぎる鬼面
・2等身ドワーフ
・採掘ギルドや花摘み、陶芸ギルドなど
・しぐさ“巨大化”
・ヒストリカの友情ダンスが「アレ」すぎた
・夢の8人乗りドルボード
・夢の人型ドルボード
・8頭身プクリポ
・モンスター装備? プリズニャンを頭に
・自分の周りをついてくるスライム

●ゲーム実況ユニット“愚乱是道羅”とは!?
 出演者一覧には掲載されていたものの、その存在は謎に包まれていたゲーム実況ユニット“愚乱是道羅”(ぐらんぜどーら)。このユニット、じつは初心者大使たちによるリアルバンドだった!

 ステージに登壇した愚乱是道羅の面々が、アニメ版『ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説』のエンディング曲でもあった、徳永英明氏の『夢を信じて』を熱唱したぞ。ボーカルの阿見さんは、腕などに仕込んだ歌詞のカンペ(?)を見ているようなシーンもあり、笑いに包まれつつも会場の熱気は最高潮に!

●アストルティア絵葉書大喜利
 各お題に対して、『DQX』のスクリーンショットを利用した絵葉書を使って答えを出すというコーナー。出されたお題はコチラ。

<大喜利のお題>
・家政婦は見た!○○のあんな秘密
・自分の種族ならではの日常
・まったく新しいレベル上げの方法とは?
・こんなに簡単だったの? 一発でアストルティアを救う方法
・これが真のパルプンテだ!

 お題ごとにいろいろな絵葉書が採用されたが、ここでは、その一部を紹介しよう。

●リアル知の祝祭!
 『DQX』のゲーム内でも楽しめる“知の祝祭”のリアルバージョン。観覧者全員が参加し、『DQX』に関する問題を答えていく。最後まで残った人には、非売品のスライムトートバッグと、オリジナルデザインのウェブマネーカードがプレゼントされた。ここでは、夏祭りで出題された問題を掲載。答えは記事最後にまとめるので、ぜひ挑戦してみてはいかがだろうか?

第一問:バージョン1.3~バージョン1.5のあいだのみ起こっていた現象は?
1.月が赤かった
2.電車賃が高かった
3.リーネが破産していた
4.選定者ワルキュウリがいた
5.ガタラが大都会だった

第二問:つぎの場所はどこ?

1.ナグアの洞くつ
2.オルッパの洞くつ
3.フェルアバの洞くつ
4.地底湖の洞くつ
5.謎の地下迷宮

第三問:メギストリスの都の宿屋にひとりで宿泊し、その日の冒険をスタート。大地の箱舟に乗り、ガートラント城下町に移動。武器屋でこんぼうを2本購入した。その後、ガートラント領の馬車で橋上の宿に移動。バンジージャンプに挑戦した。これは、つばきちゃんの代表的な休日の過ごしかたなのですが、この日つばきちゃんは…何ゴールド使った?
1.205ゴールド
2.215ゴールド
3.225ゴールド
4.235ゴールド
5.知らんがな

第四問:炎の領界、アペカ村の村長の名前は?
1.ナオロ
2.ニクス
3.ヌガラ
4.ネオル
5.ノッジ

第五問:ところで、いま何問目?
1.6問目
2.5問目
3.4問目
4.3問目
5.花いちもんめ

第六問:真のメルサンディ村で購入できるようになる「麦畑の便せん」のいちばん左下に描かれているパンは、何パン?
1.スライムパン
2.スライムつむりコロネ
3.ドラキーアンパン
4.カニパン
5.メロンパン

●アストルティア☆ハッピーくじ大抽選会
 アストルティア内で最高6億ゴールドが当たる“アストルティア☆ハッピーくじ大抽選会”。ニコニコ生放送では、もはやお約束となっている「当たったあぁぁぁ」というコメントで溢れかえるなか、2等から抽選が行われた。

 ……と思いきや、こちらも完全にお約束となってしまった“矢印が明後日の方向で固まってしまう”現象が発生。

 何度か直したものの改善されなかったため、「ためしに逆回転でやってみよう」という案で始めたところ、今度はまったく矢印が固まることなくスムーズに進行。“そもそもルーレットの回しかたが逆だったんじゃないか疑惑”が浮上した(笑)。

 抽選の結果、各等の番号と場所は以下のとおりに。特等、おたのしみ賞ともに“グレン城下町”という衝撃の結果に! 次回のハッピーくじは、グレン城下町で買うといいかもしれない!?

■抽選結果
2等……60728
1等……135074
特等……858480:グレン城下町
おたのしみ賞……グレン城下町

●りっきーのなんでもおコタえしまショー!
 事前に募集した質問、そして夏祭りの来場者から寄せられた質問に、りっきーさんが直接答えていくというコーナー。興味深い質問や回答も飛び出し、会場も盛り上がっていたぞ。ここでは、現役『DQX』プレイヤーにとって有益そう&興味深そうな質問と回答を紹介していこう。

Q.ドルボードの速度をもう少しアップしてほしい
A.オーダーはしているのですが、現状ではこの速度が限界です。ですが、今後も努力します

Q.カジノのすごろくのサイコロの出目が、4~6より1~3が出やすい気がします。確率は均一ですか?
A.均一です

Q.家の外と中、両方にプレイベートコンシェルジュが欲しい
A.なんとかしたいと思います

Q.プレイベートコンシェルジュがプレイヤーを呼ぶ際、「くん」「さん」なども入れてほしい
A.なんとかしたいと思います

Q.コロシアムの観戦機能はどうなっていますか?
A.技術的な問題はある程度クリアーしているが、内容を見られたくないプレイヤーもいるなど、プレイバシーの問題もあって、打開策が出るまで保留となってます

Q.新しい髪形が欲しいです
A.バージョン3.4前期に1種類追加します

Q.種族による視点の高さの違いは、なんとかなりませんか?
A.年内にはやりたいと考えています

Q.両手剣がはっきり言って弱いです。なんとかしてください
A.つぎのバージョンアップでなんとかする予定です

Q.装備やアイテム欄がキツキツなのに、季節イベントなどで装備やアイテムを増やさないでほしい
A.新しいアイテムがまったく出ないのは、オンラインゲームとしてはダメだと思っている。持ち物の圧迫問題に関しては、一度でも入手したことがある装備や衣装券などは、捨てても取り引き商から再度購入できたり、衣装券がなくても借りられるようにする予定。

Q.二刀流時、左手の錬金効果の反映仕様をいまいちど詳しく教えてください
A.左手での攻撃時に効果が発揮されるもの
(攻撃力+、会心率+、○○系にダメージ+、攻撃ダメージの○○%が回復、攻撃時に○○系などなど)

Q.ウォータースライダーはまだ遊べない?
A.技術的な問題があり、まだ実装できません

Q.占い師のデッキを増やしたり、セットを記憶する機能が欲しい
A.うまくいけば、年内には入れられる

Q.タロットカードの所持数を増やしてほしい
A.デッキを増やすほうを優先したいので、こちらはしばらく先になる

Q.仲間モンスター8匹で挑める同盟コンテンツのようなものは実装されますか?
A.いつかやりたいと思っている

Q.神秘のカードが伝承合成の素材になる可能性はありますか?
A.ありません。捨てても大丈夫です

Q.輝石のベルトに、5個目の効果をつけられるようになりますか?
A.なりません。砂や聖灰に変えてしまっても大丈夫です

Q.『DQI』、『DQVIII』以外の衣装も出してほしいです
A.堀井さんに許可をいただいたところです

Q.アストルティア学園は、ちゃんと作っていますか?
A.年内には皆さんに入学していただけると思います

Q.ゾーマは、いつ出してくれますか?
A.ゾーマは伝説的な魔王なので、コインボスなどで何百、何千も倒されたくないですよね(笑)(堀井氏)。出すとしたら、威厳を失わないような出しかたにします

Q.りっきーさんは『DQ』シリーズでどの作品がいちばん好きですか?
A.『DQIII』です。さらに言わせてもらえるなら『DQI』~『DQIII』です。この業界に入ったきっかけでもあります

●第五期初心者大使卒業試験
 夏祭りの最後を飾るのは、約半年間、第五期初心者大使を務めてきた松川貴則さん、梨衣名さん、兼田いぶきさん、上原りゆきさんの卒業試験。

 パーティ構成は戦士、バトルマスター、旅芸人、僧侶。

 暗黒の魔人の攻撃に対しての回避場所など、動きかたはほぼ完璧。つぎつぎと現れる暗黒の魔造兵を倒しつつ暗黒の魔人にダメージを与えていくも、中盤バタバタとチカラ尽きる場面も。その後なんとか体勢を立て直すものの、暗黒の魔造兵が数体召喚されてしまい絶体絶命のピンチ! しかし、全員が状況を見極め、しっかりと対応できたおかげで持ち直しに成功し、見事に暗黒の魔人を討伐!

 第一期~第四期初心者大使たちが見守る中、勝利という最高の形で卒業を迎えられた第五期初心者大使に、会場からも溢れんばかりの拍手が送られた。

 第五期初心者大使たちには、堀井氏から卒業証書とノートパソコンが贈られたぞ。ちなみに、初心者大使は第五期をもって、いったんお休みという形になるということも、齊藤氏から発表された。第六期の始動は、プレイステーション4版の発売時期になる……かも?

●感動のフィナーレへ!
 昼12時から始まった夏祭りも、あっという間に7時間が過ぎ、ついにフィナーレへ。ゲスト全員が登壇し、それぞれが最後の挨拶を行っていった。りっきー氏は、「自分は心が弱く、バージョンアップ前夜は眠れないこともあり、“あれでよかったのか”と考えてしまうこともある。でも、この夏祭りに来ると、来場した皆さん全員が温かくて、元気をもらえてすごくうれしい。『DQX』は100人を超えるスタッフで作っているので、ぜひ、そちらにも拍手をお願いします」と、感動して涙で声が詰まりながらも感謝の気持ちを語った。

 齊藤氏は、「オンラインゲームだからこそ、このようなリアルで対話できるようなことが重要だと思います。このままがんばれば5周年は無事迎えられそうですが、ぜひ5周年も夏祭りをやりたいと思います」とコメント。堀井氏は、「30年間『DQ』を作ってきて、正直プレッシャーを感じたり心が折れそうになったこともありました。でも、そのたびにファンの方々に支えてもらって、がんばってこられました。世界の半分といわず、皆さんに世界のすべてをあげたい。そんな気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!」と、『DQ』シリーズを30年間作り続けてきた想いを語り、夏祭りは幕を閉じた。

 最後に、この夏祭りで公開された“プレゼントのじゅもん”をまとめておこう。

<プレゼントのじゅもん ※カッコ内はもらえるアイテム>
・あつさにまけるな(超元気玉×4)
・あらたなてきをたおせ(呼び寄せの筆×4)
・まってろコインボス(白紙のカード×4)
・ひやしてめしあがれ(超トマトのタネ)
・そだてようらないし(タロットコイン)
・よみがえるでんせつ(虹のしずく)
・まつりといえばこれ (しぐさ書・たいこを叩く)


■リアル知の祝祭の答え
第一問……1(月が赤かった)
第二問……3(フェルアバの洞くつ)
第三問……2(215ゴールド)
第四問……4(ネオル)
第五問……2(5問目)
第六問……4(カニパン)

最終更新:8月8日(月)12時2分

ファミ通.com