ここから本文です

メジャーデビュー15周年!ケツメイシ、日産スタジアムで7万人と歌った一夜

音楽ナタリー 8月8日(月)0時45分配信

ケツメイシのワンマンライブ「ケツメイシ 15th Anniversary 『一五の夜』 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~ with キットカット ショコラトリー」が8月6日に神奈川・日産スタジアムで開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

グループのメジャーデビュー15周年を記念して実施された今回の公演。会場付近には出店も用意され、開場前から多くのファンでにぎわっていた。

開演時刻になると、サッカーの選手入場シーンをイメージしたVTRの上映と共にRYO(MC)、RYOJI(Vo, MC)、大蔵(MC)、DJ KOHNO(DJ)がステージに登場。まずは「はじまりの合図」でライブをスタートさせた。続く「三十路ボンバイエ」では大量の水が客席前方の“ぶっかけ席”に向けて放出され、ファンは歓声を上げながらテンションを高めていた。

本公演のセットリストはファンから募った人気投票の結果を参考に組まれたものとなっており、「そばにいて」「君とつくる未来」など数々の人気曲が披露された。なお「トモダチ」では当時のミュージックビデオがステージ後方のスクリーンに映し出され、その映像を懐かしそうに見つめる観客の姿もあった。

スポーツニュース風のVTRを挟んでから披露された「ライフイズビューティフル」では、大量の白い風船がスタジアム中を飛び交い、オーディエンスを盛り上げた。さらに中盤では人気投票以外に、メンバーの“自己推薦枠”で選出された「花鳥風月」が歌われる一幕も。この楽曲ではRYO、RYOJI、大蔵のシリアスな歌声が会場に響き渡った。

後半でケツメイシは「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」の主題歌「友よ ~ この先もずっと・・・」、数多くのダンサーがステージに登場した「RHYTHM OF THE SUN」といったアップチューンを連発。アンコールで披露された人気投票1位のナンバー「ビールボーイ」では、ビールが並々注がれた樽がステージにスタンバイされる。ダンサーやスタッフたちはジョッキでビールをすくい、仲よく飲む場面もあった。そして何発もの花火が打ち上げられた「カーニバル」のあと、メンバーは移動車に乗ってアリーナエリアを1周。ファンに感謝の気持ちを伝え、この日の公演を締めくくった。

なおケツメイシはこの公演内で、ニューアルバム「KETSUNOPOLIS 10」を10月26日にリリースすることを発表した。

ケツメイシ「ケツメイシ 15th Anniversary 『一五の夜』 ~今夜だけ練乳ぶっかけますか?~ with キットカット ショコラトリー」2016年8月6日 日産スタジアム セットリスト


01. はじまりの合図02. 三十路ボンバイエ03. 夏の思い出04. そばにいて05. 太陽06. ヤシの木のように07. 出会いは成長の種08. 君とつくる未来09. トモダチ10. ライフイズビューティフル11. さらば涙12. 手紙~未来13. 仲間14. 涙15. よる☆かぜ16. 君との夏17. 花鳥風月18. バラード19. 友よ ~ この先もずっと・・・20. LOVE LOVE Summer21. RHYTHM OF THE SUN<アンコール>22. 幸せをありがとう23. ビールボーイ24. カーニバル

最終更新:8月8日(月)0時45分

音楽ナタリー