ここから本文です

【競泳】萩野 200自由形準決勝進出「余裕を持って泳いだ」

東スポWeb 8月8日(月)1時59分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ7日(日本時間8日)発】競泳男子200メートル自由形予選で、6日(同7日)の男子400メートル個人メドレーで日本人金メダル第1号となった萩野公介(21=東洋大)が最終6組目に出場し、1分46秒19でこの組3位、全体7位で準決勝(日本時間8日午前10時~)へ進出した。

 前日の疲れもなく、よく休めたという萩野は「予選は余裕を持って泳いだ。昨日より今日のほうがいい。レベルは高いが(準決勝は)決勝にいい位置で残れるように」と手応えを口にした。

最終更新:8月8日(月)2時18分

東スポWeb