ここから本文です

アーチェリー女子団体 リオで8連覇の偉業=韓国

聯合ニュース 8/8(月) 8:41配信

【リオデジャネイロ聯合ニュース】リオデジャネイロ五輪は第3日の7日(日本時間8日)、アーチェリー女子団体の決勝が行われ、韓国がロシアを下し優勝した。韓国女子団体の金メダルは、団体が五輪の種目に採用された1988年のソウル大会から8大会連続。全競技を通じ五輪で8連覇以上を達成したのはほかに2チームしかない。

 韓国はチャン・へジン、チェ・ミソン、奇甫倍(キ・ボベ)が出場し、決勝でロシアを5-1で下した。第2エンドでチャンと奇がすべて10点、第3エンドではチェが10点を記録したのに対し、ロシアはエースが不調だった。

 昨年の世界選手権の準決勝でロシアに敗れた後、リオ五輪直前のワールドカップ(W杯)ではロシアを下し優勝していた。

 韓国は前日に男子団体も優勝している。個人でも男女ともに金メダルを狙う。

最終更新:8/8(月) 9:22

聯合ニュース

なぜ今? 首相主導の働き方改革