ここから本文です

藤岡佑介騎手らが小倉競馬場で熊本被災地支援イベントを開催

netkeiba.com 8月8日(月)18時6分配信

 8日、藤岡佑介騎手発案の被災地支援企画「ほんとの競馬ジョッキーと行く 競馬場体験ツアー」(協賛:netkeiba.com)が開催された。

 当企画は「被災地の子どもたちにも、夏休みを満喫してもらいたい」という佑介騎手の思いから実現したもので、JRA協力のもと熊本県内在住の小学生を福岡県にある小倉競馬場・乗馬センターに無料で招待。当初から参加予定だった藤岡佑介騎手、藤岡康太騎手、浜中俊騎手に加え、高田潤騎手、川須栄彦騎手、鮫島克駿騎手、そして熊本出身の高倉稜騎手が飛び入りで参加した。

 当日は早朝から佑介騎手と高田騎手が震災で甚大な被害を受けた熊本県益城町を訪問。その後、小学生たちとバスで一緒に小倉競馬場に向かった。

 現地では騎手たち自らが調理したバーベキューランチのほか、乗馬体験などが行われ、初めて競走馬と触れ合った小学生たちは大喜び。同伴した保護者たちも、騎手たちとの競馬トークに花が咲いた。

 イベント終了後、発起人の佑介騎手は「今日のこのイベントが夏のいい思い出になってくれればと思いますし、これをきっかけに競馬や馬、ジョッキーに興味を持っていただけると嬉しいです。僕らの活躍が子供たちの耳にも届くように精一杯頑張りますので、これからも応援をよろしくお願いします!」と語った。

最終更新:8月8日(月)18時6分

netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。