ここから本文です

<ポケモンGO>全145匹制覇した“世界初のポケモンマスター”が来日

まんたんウェブ 8月8日(月)12時1分配信

 人気のゲームアプリ「ポケモンGO」で世界で初めて全モンスター145匹を獲得したというニック・ジョンソンさんが8日、東京都内で会見を行った。今回の偉業達成にジョンソンさんは「私自身にとっても、とても信じられないこと。今まで行ったことがない世界のいろいろなところに行けたし、貴重な体験をさせていただいた」と振り返った。

【写真特集】ポケモンGO ピカチュウが進化した姿

 ジョンソンさんは、米のスタートアップ企業である「Applico」でプラットホーム部門のヘッドを務める。7月21日に米に出現するポケモン全142匹を世界最速でコンプリートし、その後、総合旅行サイト「エクスペディア」の協力のもと、7月31日にパリでヨーロッパ限定の「バリヤード」、 8月3日に香港でアジア限定の「カモネギ」、8月5日にオーストラリアでオセアニア限定の「ガルーラ」を獲得して、全モンスターを制覇。今回、“ポケモン発祥の地”である日本で世界旅行を終えるため来日し、会見を行った。

 ポケモンファンというジョンソンさんは「ファンの歴史は長く、子供のころから(ゲームを)やっていた。そこにまた新しいもの(ポケモンGO)が出てきたということで、全部捕獲しようと気持ちになった」と今回の挑戦の理由を説明。ポケモンGOをプレーして変わったことを聞かれると「始めてから体重が10ポンド(約4.5キロ)落ちた。1日あたりだいたい8マイル(約12.8キロ)ほど歩いてたので。ポケモンを捕獲しようと思わなければ2度と行かないような所にも行ったので、私にとってはいい運動になっている。さらに、体重が落ちたのみならず、いろいろな人との出会いがあった。その中には私の友人になった人もいる」と明かした。

 1日のプレー時間を聞かれると、「社員として1週間に50時間は仕事しているので、夕方ディナーをガールフレンドと楽しんで、その後やっていた。彼女と一緒に歩き回って、ニューヨークシティー、マンハッタン、ブルックリンなどの街角でポケモンを見つけて捕まえるということをやってきたので、だいたい平均1日6~8時間は費やしたと思う。ただ、そろそろ達成可能になると近づいたら1日あたりもうちょっと多くの時間を費やしたかな」と語っていた。

 「ポケモンGO」は、「位置情報ゲーム」と「ARゲーム」を組み合わせ、「ポケットモンスター」の世界観を再現したゲームアプリ。アプリをインストールしたスマホを持って、実際の世界を動き回ってポケモンを見つけ、「モンスターボール」を使ってポケモンを捕まえることができる。また、仲間のポケモンを育成し、各地にあるポイント「ジム」の争奪戦に参加する。iOSとアンドロイド端末のいずれにも対応する。基本利用料無料でアイテム課金。

最終更新:8月8日(月)17時34分

まんたんウェブ