ここから本文です

災害時、Facebook上で「自分の無事」を伝えるために知っておきたいこと

ITmedia Mobile 8月8日(月)6時10分配信

 地震などの自然災害が起きた時、SNSに集まって友人と安否を確認し合うことがありますよね。しかし自分が被災した地域にいる場合、心配してくれている友人たちに一人一人連絡する余裕がない可能性も考えられます。そんな時に迅速に連絡できる機能が、Facebookの「災害時情報センター」です。

【自分が災害地域にいると、こんな通知が来ます】

 災害時情報センターの機能は、以下の3点です。


1. Facebook上の友人に自分が無事であることを知らせる
2. 災害の影響を受けた地域にいる人の安否を確認する
3. 無事だと分かっている友人の無事を代理で報告する

 利用の手順は、まず自然災害発生時にユーザーが災害の影響を受ける地域にいる時、Facebookから安否を確認する通知が届きます。

 すると、Facebookから「無事ですか?」という質問が来るので、「自分の無事を報告」もしくは「影響を受けた地域にはいません」をタップすることでFacebook上の友人に報告することができます。

 Facebook上の友人が被災地域にいる場合には、その友人が自身の無事を報告した際に通知が届きます。通知をクリックすると災害時情報センターのページに移動し、友人の安否情報一覧を確認できます。

最終更新:8月8日(月)6時10分

ITmedia Mobile

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。