ここから本文です

「ジュラシック・パーク」M・クライトン未発表の古生物小説が刊行、ドラマ化へ

映画.com 8月8日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ジュラシック・パーク」シリーズの原作者である故マイケル・クライトンの未発表の小説「ドラゴン・ティース(Dragon Teeth)」が、2017年5月に米ハーパーコリンズ社から刊行される。同時に、同作のドラマ化企画が進行していることがわかった。

 「ドラゴン・ティース」の原稿は、2008年のクライトンの死後、未亡人のシェリ・クライトンによって発見された。19世紀、オスニエル・チャールズ・マーシュとエドワード・ドリンカー・コープという2人の実在のアメリカ人古生物学者が繰り広げた激しい化石発掘競争、通称“化石戦争”が背景となっている。

 小説は、1878年のアメリカ西部を舞台に、マーシュとコープにそれぞれ師事するという設定の架空のキャラクター、ウィリアム・ジョンソン青年が歴史的な発見をする姿を中心に描く。

 またドラマ化に関しては、米ナショナルジオグラフィックチャンネルがこのほど、米アンブリン・テレビジョン、米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョン他と共同で「ドラゴン・ティース」のドラマシリーズ化に着手することを発表。米Deadlineによれば、グレアム・ヨストとブルース・C・マッケンナが脚色にあたり、リミテッドシリーズになる予定だという。

最終更新:8月8日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。