ここから本文です

【柔道】4階級終了、日本は全てメダル獲得も銅

イーファイト 8月8日(月)12時55分配信

「リオ五輪 柔道」
6日、7日(現地時間)、カリオカアリーナ2

 リオ五輪の柔道は2日で4階級が終了し、すべてメダル獲得となっているが、銅のみで決勝進出は果たせていない。

 男子66キロ級の海老沼匡(26=パーク24)は2回戦から準々決勝まで一本勝ちで勝ち上がってきたが、準決勝で韓国のアン・バウルに延長戦、得意の背負いを仕掛けたところを返され有効を奪われ敗退。3位決定戦ではブシャール(カナダ)に背負い投げで一本勝ちし、2大会連続の銅メダルとなった。

 女子52キロ級では中村美里(27=三井住友海上)は初戦(2回戦)押さえ込み一本勝ち、準々決勝では、クジュティナ(ロシア)でも袈裟固めで肘関節を極め、相手から参ったを奪い勝利という好調ぶり。だったが、準決勝では元世界女王のケルメンディ(コソボ)に判定でわずか指導1つの差で敗れた。中村は3位決定戦でミランダ(ブラジル)に延長戦で大内刈りで有効を取り優勢勝ち、銅メダルを獲得。

女子48キロ級では、近藤亜美(21=三井住友海上)は準決勝で昨年の世界選手権優勝のパウラ・パレト(30=アルゼンチン)に技ありを奪われ敗退したが、3位決定戦でムンフバット(モンゴル)に隅落としで有効を取り優勢勝ち。リオ五輪で、日本勢初のメダル獲得となった。

 男子60キロ級では、高藤直寿(23=パーク24)は準々決勝でパピナシビリ(ジョージア)の隅返しを浴びて一本負けを喫したが、敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦でサファロフ(アゼルバイジャン)に判定勝ち、銅メダルを手にした。

 日本時間の8日22時より男子73kg級の大野将平(24=旭化成)、女子57kg級の松本薫(28=ベネシード)が登場する。果たして今大会初の決勝進出はなるか。

 松本はロンドン五輪に続き2大会連続金メダルが期待されている。

最終更新:8月9日(火)12時7分

イーファイト

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]