ここから本文です

「こち亀」が増刊でジャンプをジャック!岸本斉史、矢吹健太朗が描くマンガも

コミックナタリー 8月8日(月)5時0分配信

秋本治「こちら葛飾区亀有公園前派出所」をフィーチャーした、週刊少年ジャンプ増刊・こち亀ジャンプが、8月16日に刊行される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

こち亀ジャンプは「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の40周年を記念した1冊。秋本による「こち亀」の新作エピソードが巻頭を飾るほか、岸本斉史、矢吹健太朗がそれぞれ「こち亀」のマンガを執筆する。

このほか秋本と、荒木飛呂彦、森田まさのり、尾田栄一郎、岸本、島袋光年、河下水希、松井優征の合作によるポスター、麻生周一、うすた京介、大石浩二、小山ゆうじろう、仲間りょう、沼駿、増田こうすけがそれぞれ描く「1ページ『こち亀』ギャグ」なども収録。またこれまでに週刊少年ジャンプ(集英社)に掲載されてきたジャンプ作家による「こち亀」の寄稿イラストも掲載される。価格は500円。

最終更新:8月8日(月)5時0分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。