ここから本文です

コメディ映画「ペテン師とサギ師」をレベル・ウィルソン主演でリメイク

映画.com 8月8日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 1988年のコメディ映画「ペテン師とサギ師 だまされてリビエラ」が、豪女優レベル・ウィルソン(「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)主演でリメイクされることがわかった。

 フランク・オズ監督、スティーブ・マーティン&マイケル・ケインが主演した「ペテン師とサギ師」も、64年の映画「寝室ものがたり」(マーロン・ブランド&デビッド・ニーブン主演)のリメイク作品で、南仏コート・ダジュールを舞台に、天才サギ師2人の縄張り争いにからんだ恋のかけひきを描いている。米Wrapによれば、今回の新作は現代版にアレンジし、2人の女性サギ師が若手IT資産家を狙うという内容のようだ。

 なお、コメディ女優として活躍中のウィルソンは、ゴールディ・ホーン主演「プライベート・ベンジャミン」のリメイク版にも主演が決定している。

最終更新:8月8日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。