ここから本文です

「ファンタスティック・ビースト」第2弾の全米公開日が決定

映画.com 8月8日(月)12時0分配信

 [映画.com ニュース] 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の公開があと3カ月に迫るなか、早くも続編製作が正式決定したと、ハリウッド・レポーター誌が報じている。

 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、「ハリー・ポッター」シリーズの新作映画で、原作者J・K・ローリングが自ら脚本を手掛ける注目作だ。ニューヨークを舞台に、魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)の冒険を描くファンタジーで、「ハリー・ポッター」シリーズ5作目から監督を務めてきたデビッド・イェーツがメガホンをとる。

 製作を手がける米ワーナー・ブラザースはこのほど、続編を2018年11月16日に全米公開すると発表。大半のキャスト、スタッフが、そのまま続投するものとみられている。

 なお、第1弾となる「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、11月23日に全国で公開。

最終更新:8月8日(月)12時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。