ここから本文です

アウディ米国販売4%増…Q3 は56%増 7月

レスポンス 8月8日(月)10時30分配信

アウディの米国法人、アウディオブアメリカは8月2日、7月の米国新車販売の結果をまとめた。総販売台数は、7月の新記録の1万8364台。前年比は4%増と、67か月連続で前年実績を上回った。

[写真:アウディ Q7]

最量販車は、引き続きSUVの『Q5』。7月は4833台で、前年同月比は2.8%増と、4か月連続で増加した。『Q7』は新型投入の効果で、前年同月比19.8%増の2322台と2桁増を維持。『Q3』は月販新記録の1819台で、前年同月比は56%の大幅増。

セダン系では、『A4』が2612台を販売。前年同月比は17.8%増と、3か月ぶりのプラス。『A7』は44.3%減の417台と減少傾向。『A6』は5.5%減の1822台、『A5』は32.7%減の744台、『A8』は21.8%減の327台と、引き続き落ち込む。

アウディの米国での入門車、『A3』は前年同月比4.1%減の3038台と、減少傾向。スポーツカーでは、新型『TT』が211台を登録。『R8』は114.6%増の88台と、2か月連続のプラス。

アウディの2015年の米国新車販売台数は、初の20万台超えとなる20万2202台。前年比は11.1%増と、6年連続で販売記録を更新した。2016年1‐7月は、前年同期比3.6%増の11万5298台。アウディオブアメリカのマーク・デル・ロッソ上級副社長兼COOは、「優れたディーラーネットワークが、2016年の最重要車種の導入および販促に貢献している」と述べている。

《レスポンス 森脇稔》

最終更新:8月8日(月)10時30分

レスポンス