ここから本文です

【柔道女子】52キロ級・中村美里が銅メダル「金メダルが欲しかった」

東スポWeb 8月8日(月)5時18分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ7日(日本時間8日)発】柔道女子52キロ級3位決定戦で、昨年の世界選手権覇者・中村美里(27=三井住友海上)はミランダ(ブラジル)に延長戦の末、優勢勝ちして銅メダルを獲得した。

 中村は力で押してくるミランダと「指導」一つずつを取り合い、延長戦へ。ゴールデンスコア方式の延長戦では積極的に攻め込んだが、なかなか相手に「指導」がいかない。それでも2分20秒、大内刈りでミランダを横倒しにして「有効」を奪い試合を決めた。

 2008年北京五輪以来、2個目の銅メダルとなった中村は「金メダルが欲しかった。悔しい気持ちです。(3位決定戦は)苦しい試合展開でしたが、最後まで諦めずに戦えた。(スタンドで観戦した両親に)少しでも多く戦う姿を見せられたのは良かった」と話した。

【プロフィル】なかむら・みさと 1989年4月28日生まれ。東京都出身。9歳から柔道を始め、中学生時代(相原中)から活躍。渋谷教育学園渋谷高では国際大会でも優勝を果たし、“ポスト谷亮子”として注目を集める。2008年北京五輪で銅メダルを獲得。世界選手権は09、11、15年大会を制し3度の優勝。得意技は小外刈り、寝技。158センチ。

最終更新:8月8日(月)5時18分

東スポWeb