ここから本文です

lyrical school、新曲は「格好悪いふられ方」をサンプリング アルバムに大江千里の書き下ろし曲も

CDジャーナル 8/8(月) 17:07配信

lyrical school、新曲は「格好悪いふられ方」をサンプリング アルバムに大江千里の書き下ろし曲も

lyrical school、新曲は「格好悪いふられ方」をサンプリング アルバムに大江千里の書き下ろし曲も

 シングル「RUN and RUN」で今年4月にメジャー・デビューした6人組ヒップホップ・アイドル・ユニット、“リリスク”ことlyrical school(リリカルスクール)。8月12日(金)には東京・代々木公園の野外ステージで無料ワンマン・ライヴを行なう彼女たちから、10月5日(水)に3rdシングル、続く11月16日(水)に1stフル・アルバムをリリースすることが発表されました。ジャケットはどちらも、韓国の人気イラストレーターKIM JUNGYOUN(kimjungyoun.com)が書き下ろしています。

 シングルは、「tengal6」「photograph」「PRIDE」など多くのリリスク楽曲を手がけてきた坪光成樹と高橋コースケのコンビが作編曲した「マジックアワー」と、現在ジャズ・ピアニストとして活躍する大江千里が1991年に発表した名曲「格好悪いふられ方」をサンプリングした楽曲の両A面となるとのこと。また、フル・アルバムには『guidebook』というタイトルが付けられており、大江が1曲書き下ろすことも決定しています。

最終更新:8/8(月) 17:07

CDジャーナル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]