ここから本文です

【VTJ】リオン武が1年4カ月ぶりに復活、内村洋次郎と対戦

イーファイト 8月8日(月)18時27分配信

 9月19日(月・祝)東京・舞浜アンフィシアターで開催される総合格闘技イベント『VTJ 8th』の記者会見が、8月8日(月)都内にて行われた。

【フォト】リオンを「ぶっ飛ばします」と会見で述べる内村

 第5代・第8代修斗世界ライト級王者リオン武(RISING SUN)が、初代ZSTウェルター級王者・内村洋次郎(イングラム)と対戦する。

 リオンは強烈な右ストレートとパウンドを武器に、修斗のエースとして活躍。2011年12月から2014年10月まで6連敗を喫してどん底に落ちたが、昨年5月の修斗で勝利をあげた。今回はその試合から約1年4カ月ぶりの試合となる。

 この期間は衰えてしまった筋力を強化するためウェイトトレーニングに力を入れていたと言い、「前から自分の動きが出来なくていろいろ考えていたんですが、今年に入ってウェイトトレーニングを始めたらだいぶ変わりました。春と夏の試合オファーは全てお断りしたんですが、格闘技の動きとウェイトトレーニングがリンクする時に試合をしたいと思っていて、今回はタイミングが良かったので受けました」と、新生リオンを見せられるという。

 対戦する内村については、「ファイトスタイルが好きな選手なので、よく試合を見ていました。だから倒したいです。KOで仕留めたいと思います」とKO勝ち宣言。

 内村は「前回負けてしまい(6月のパンクラスで日沖発に判定負け)トップ戦線から離れる形になってしまいましたが、リオン選手に勝って生き残りたい。ぶっ飛ばします」とコメント。

 内村もまた、「自分は今フィットネスジムで教えているんですが、身体の使い方から根本的に変えました。どう身体を使うべきかを考えて、バランスとスピードを重視した方が格闘技では有利に立ちやすいと思いました。具体的に言うとリキまないことです。それが試合にリンクしたらいい結果に結びつくかなと楽しみです」と、フィジカル面を変えたという。

 どちらが新しいスタイルを試合で発揮し、勝利を得るか。坂本一弘サステイン代表は「ヒリヒリしたアツい戦いが期待できる」と、このカードに太鼓判を押した。

<追加決定カード>

▼145ポンド(65.8kg)契約 5分3R
リオン武(RISING SUN/第5代・第8代修斗世界ライト級王者)
vs
内村洋次郎(イングラム/初代ZSTウェルター級王者)

最終更新:8月8日(月)18時27分

イーファイト