ここから本文です

デビュー戦で決勝弾のイブラ 「パフォーマンスはこれから上がっていく」

ISM 8月8日(月)9時40分配信

 現地時間7日(以下現地時間)に行なわれたレスターとのコミュニティーシールドで決勝点を挙げたマンチェスターU(以上イングランド)FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、ゴールとタイトル獲得に喜びを表した。クラブの公式HPが伝えている。

 マンUはFWジェシー・リンガードのゴールで前半に先制したが、後半の序盤にFWジェイミー・ヴァーディーに同点弾を許す。それでも83分、イブラヒモヴィッチがMFアントニオ・バレンシアのクロスに頭で合わせて再び勝ち越し。イブラは公式戦デビューで決勝点を挙げる活躍で、タイトル獲得に貢献した。

 試合後、イブラヒモヴィッチはクラブ公式チャンネル『MUTV』で「最初の公式戦で勝てたのは素晴らしい気分だ」とコメント。「ここに来てまだ数週間だけど、マンUで最初のトロフィーを獲得した。このためにプレーしているんだ」と喜びを表した。

 さらに「トロフィーを獲得するために戦っている。ゴールを決めることができたのはすごくうれしい。でも何より、勝てたことが最高だ。チームで勝ち取ったトロフィーだからね。そのためにハードワークし、犠牲を払っている」と、チームとしてのタイトル獲得が重要だったと続けた。一方で敗れたレスターに「もちろん勝利は素晴らしいが、レスターも賞賛しないと。彼らは良い試合をしたし、昨季はファンタスティックなシーズンを過ごしたからね。彼らが強いチームなのは分かったはずだ」と、対戦相手に賛辞を寄せている。

 週末に迫ったプレミアリーグ開幕に向け、イブラヒモヴィッチは「個人的なパフォーマンスもこれから上がっていくだろう。今は始動したばかりで、フィジカルやコンディションを調整している段階。チームメイトのこともまだよく分かっていない」と、加入から間もないことを強調した。

 そのうえで、「時が経って落ち着いたら、物事はもっと簡単になるだろう。そうなれば自分のプレーをして、楽しむだけだ。今はお互いについて理解しようと努めている最中。特に自分はね。今日は勝つことができた。これからさらに勝っていきたい」と意気込みを表している。

 マンUは14日に、プレミアリーグ開幕戦でボーンマスとのアウェイ戦に臨む。

最終更新:8月8日(月)9時41分

ISM