ここから本文です

戸塚純貴が新人介護福祉士役で主演 介護をテーマに描く映画「ケアニン」製作決定

映画.com 8月8日(月)16時0分配信

 [映画.com ニュース] 若手俳優の戸塚純貴が主演し、介護をテーマに人や地域の繋がりの尊さを描く映画「ケアニン あなたでよかった」が製作されることがわかった。WOWOWで「沈まぬ太陽」や「空飛ぶロケット」「下町ロケット」といったドラマを演出してきた鈴木浩介監督がメガホンをとる。

 映画は、郊外の介護施設に勤める新人介護福祉士が、入所者や共に働く仲間との触れ合いを通じて介護の仕事に本気で向き合い、成長していく物語。「花ざかりの君たちへ イケメン☆パラダイス2011」「仮面ライダーウィザード」で注目され、映画「先輩と彼女」や「ライチ☆光クラブ」「HK 変態仮面 アブノーマル・クライシス」などの話題作で活躍する若手俳優の戸塚が、新人福祉介護士として仕事に奮闘する主人公・大森圭に扮する。

 山本美月を主演にした「東京PRウーマン」で、PR職をフィーチャーした映画を手がけた鈴木監督が、今度は介護という職業にスポットを当てた、新たなお仕事ムービーを手がける。超高齢化が進む日本社会において、介護職員が不足するという重大な課題に向き合いながら、介護の仕事の本質を丁寧に描き出すことで、介護職のイメージを向上し、少しでも多くの人が介護職を目指すきっかけになるような映画を目指して製作するという。

 タイトルの「ケアニン」は、介護、看護、医療、リハビリなど人の「ケア」に関わり、自らの仕事に誇りと愛情、情熱を持って働く人々を総称する造語として命名。共演には藤原令子、菜葉菜、小市慢太郎、水野久美らが名を連ねる。公開は来春予定。

最終更新:8月8日(月)16時0分

映画.com