ここから本文です

『真田十勇士』出演イケメン3人組、グループLINEで仲良いやり取り明かす

cinemacafe.net 8月8日(月)15時40分配信

スペクタクル超大作舞台を映画化した『真田十勇士』公開に向け大ヒット祈願イベントが8月8日(月)、都内にて行われ、出演する高橋光臣、村井良大、石垣佑磨が登場した。2014年の舞台から共演しているという3人は、「舞台と映画の『真田十勇士』グループLINEがあるよね」と、互いの番宣や作品などをチェックし、写メをアップし合っていると明かし、終始キャッキャしていた。

【画像】イベントに参加した石垣佑磨&高橋光臣&村井良大

『真田十勇士』は天下一の名将・真田幸村は実はダメ男で、彼の伝説は猿飛佐助が仕掛けたものだったという大胆な発想のもと、壮大な世界観と濃密な人間ドラマを描いた物語。映画と舞台を同時期に公開&上演するというビッグプロジェクトになっている。

アクション満載の時代劇とあって、かなり大がかりな撮影、そして骨の折れた日々だったという3人。撮影をふり返り、筧十蔵を演じた高橋さんは、「石垣さんとのシーンで一騎打ちがあるんですけど大変でした。びしょ濡れにはなるし、夜中のすごい時間に、この人(石垣さん)、ずっと吊られていましたからね」と言うと、石垣さんも「真冬の撮影で、雪がすごくて撮影できなくなって…」と、かなり過酷だったことをにおわせていた。

本作の主演を務める中村勘九郎との共演シーンも多かったという高橋さんは、「何でも完璧にこなす人。皆のことを見てて、役者としては隙がない。でも人間としてはすごくお茶目で、隙だらけで、どこからでも入っていける人です」と、独特の表現で誉めそやした。同じく共演した松坂桃李については、「松坂さんは絶世の美男子ですから。なかなかいないでしょう、あんなシュッとしているのは」と、同性から見ても魅力的だったことを熱弁していた。

『真田十勇士』は9月22日(木・祝)より全国にて公開。

最終更新:8月8日(月)15時40分

cinemacafe.net