ここから本文です

「クローザー」キーラ・セジウィック、米ABCの新サスペンスドラマに主演

映画.com 8月8日(月)17時0分配信

 [映画.com ニュース] 刑事ドラマ「クローザー」で知られる米女優キーラ・セジウィックが、米ABCの新ドラマシリーズ「Ten Days in the Valley(原題)」に主演することがわかった。

 「Ten Days in the Valley(原題)」は、テレビプロデューサーでシングルマザーのジェーン(セジウィック)の娘が、夜中に突然失踪するところから始まるサスペンスドラマ。米スカイダンス・テレビジョンが制作、同じくABCのドラマ「ルーキーブルー 新米警官奮闘記」の共同クリエイターであるタッシー・キャメロンがプロデュースと脚本を務める。

 米バラエティによれば、本作はもともとデミ・ムーア主演作として進められていたが、ムーアの降板によりセジウィックが参加することになった。すでに1シーズン10話分の制作が発注されているという。2017年中に撮影を開始する予定で、放送時期は未定。

最終更新:8月8日(月)17時0分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。