ここから本文です

水鉄砲で楽しむサバゲー、8月21日に開催! 中高生はお手頃な1,000円

インサイド 8月8日(月)19時38分配信

トゥーレイトは、「ウォーターサバゲー2016」を、2016年8月21日に開催すると発表しました。

エアガンなどではなくウォーターガン(水鉄砲)を使って楽しむこのサバイバルゲームは、オリジナルのフィールド設計や公認レフェリーによるジャッジなども盛り込まれており、ただの撃ち合うだけではなく誰でも本気で楽しめるゲーム性の高い遊びです。

この時期はどうしても暑さに悩まされ、遊ぶのも億劫になりがちです。しかしこの「ウォーターサバゲー」なら、動く楽しさを気持ちよく味わうことができます。中高生ならば1,000円という手頃な価格で参加できるので、この夏の思い出のひとつに加えてみるのも一興ですよ。

【ウォーターサバゲー4つの特長】
■1:公認レフェリーがゲームを盛り上げる!
ウォーターサバゲーはただ水を掛け合う水遊びではなく、高いゲーム性を持っています。その特長のひとつとして、JWSA(日本ウォーターサバイバルゲーム協会)公認レフェリーがゲームをジャッジ。ルール違反者に対しては退場などしっかりとペナルティを与えます。時には劣勢のチームの味方についたり、イタズラをしたり、ゲームの盛り上げ役としてフィールドを駆け回ります。

■2:額に付けたポイを撃ち抜け!
参加者は全員「ポイ」と呼ばれる金魚すくいで使う紙を貼ったプラスチック枠をヘッドバンドを装着していただきます。敵チームのポイをウォーターガンで破ることがミッションとなり、最終的にポイの数で勝敗が決まります。ポイに貼られた紙には強度別でいくつか種類があり、すぐに破れても中々破れなくてもつまらない。度重なるテストを経て、ウォーターサバゲーに完全にマッチしたポイを見つけ出すことができました。

■3:チーム参加じゃなくても楽しめる!
ウォーターサバゲーは15対15のチーム戦ですが、そのチームは参加者の中からランダムに組まれる為、当日は2、3名など少人数での参加でも大丈夫!もちろんお一人での参加も大歓迎です。会ったばかりの知らない人同士でも、公認レフェリーのサポートによって短時間でチームとして楽しく戦う事ができます。

■4:最大2mの障害物「エアバンカー」
ウォーターサバゲー会場に足を踏み入れるとまず目に入ってくるのが「AIR BUNKER(エアバンカー)」と呼ばれる障害物。フィールド内に全22個配置された巨大なバンカーの高さは最大2m。この大人がすっぽりと身を隠す事のできるバンカーをうまく使いこなす事で生き残る確立がグンとアップ!戦術的にゲームを楽しむための必須アイテムです。


【プログラム】
■開催日程:2016年8月21日(日)
■開催時間:13:30開始 ~ 16:00頃終了予定 ※12:30 開場・受付
■開催場所:ZOZO PARK HONDA FOOTBALL AREA (海浜幕張駅徒歩10分)
■参加費:大人 3,500円、中高生1,000円(小学生以下無料)
※小学生以下のお子様は無料で参加いただけますが、ウォーターサバゲーには参加いただけません。キッズスペースにてキッズサバゲー体験を実施しておりますので、そちらをお楽しみください。
■水鉄砲レンタル/販売:あり(持参:可)
■必要なもの:タオル、着替え、濡れてもよい恰好
■駐車場:100台
■雨天の場合:小雨決行、荒天の場合は中止

最終更新:8月8日(月)19時38分

インサイド

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。