ここから本文です

「ブルックリン」監督、ピュリッツァー賞受賞の「ゴールドフィンチ」を映画化

映画.com 8月8日(月)19時30分配信

 [映画.com ニュース]2014年にピュリッツァー賞を受賞した長編小説「ゴールドフィンチ」が、米ワーナー・ブラザースによって映画化されることが明らかになった。

 ドナ・タート著「ゴールドフィンチ」は、美術館爆破テロで母を亡くした少年の波瀾万丈な運命を描く巨編。監督は「ブルックリン」(15)で手腕が高く評価されたジョン・クローリー。「裏切りのサーカス」のピーター・ストローハンが、既に映画化脚本を執筆している。

 米Deadlineによれば、制作会社カラー・フォースのニーナ・ジェイコブソンとブラッド・シンプソン、ラットパックのブレッド・ラトナー、ジェームズ・パッカーが製作総指揮を務める。アイルランド出身のクローリー監督は、「ダブリン上等!」で長編監督デビューを飾っている。

最終更新:8月8日(月)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。