ここから本文です

【ZST】RIZIN出場直訴の王者・伊藤「所英男二世になりたい」

イーファイト 8月8日(月)22時56分配信

 8月7日(日)東京・新宿FACEにて同日開催されたMMA(総合格闘技)イベント『ZST.52』と『ZST.53』両大会の一夜明け会見が、8日(月)都内で行われ、
初の国際戦で勝利を上げたZSTフライ級王者・伊藤盛一郎(リバーサルジム横浜グランドスラム)が出席した。

【フォト】榊原信行・RIZIN実行委員長にRIZIN出場を直訴する伊藤

 強打者ユン・ホヨン(韓国)に2Rで一本勝ちを収めた伊藤は「勝つことは出来ましたが、内容はダメダメですね」と反省しきり。「デカい舞台を目指しているので、判定勝ちではなく一本かKOで勝たないとダメだなと思っていましたが、今回はそれを狙いすぎて、逆に焦ってしまったり、中途半端なかたちで技を仕掛けにいったり、自分の動きが雑になってしまいました」と振り返った。

 対戦前には「外国人ファイターを相手に今の自分の実力でどれだけ出来るかを試してみたい」と語っていたが、「普通に勝てると感じたし、組んだ時の力は自分の方が上でした。デカい舞台での戦いに向けて、しっかり反省点を活かして練習頑張ります」と、課題とともに手ごたえも掴んだ様子。

 試合後には観戦に訪れていた榊原信行・RIZIN実行委員長にマイクでRIZIN参戦を直訴。その榊原委員長は試合後に自身のSNSを通じて、「セミで素晴らしい一本勝ちをした伊藤選手から試合後にRIZIN出場へのラブコールをもらいました。今日の様な闘いをこれからも観せてくれれば、是非前向きに考えさせてもらいたいです」と応えた。

 伊藤は「嬉しいですね。自分はデカい舞台で絶対に面白い試合が出来ると思います」と言い、「先輩の所英男選手みたいな試合が見せられるようになることを目標にしています。所英男二世と言われるように頑張ります」と意気込みを語った。

最終更新:8月8日(月)22時56分

イーファイト