ここから本文です

朴大統領 アーチェリーなど五輪メダリストに祝電

聯合ニュース 8月8日(月)10時37分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は8日、新たにリオデジャネイロ五輪でメダルを獲得した韓国代表に祝電を送った。

 金メダルを獲得したアーチェリー女子団体の韓国代表については、「最後の瞬間まで冷静さを失わず競技に臨んだアーチェリー女子団体チームが達成した8連覇は、五輪史に残る栄えある記録だ」と祝った。その上で、個人戦でもベストを尽くし成果を出すことを期待すると述べた。

 柔道男子66キロ級で銀メダルを獲得したアン・バウル選手への祝電では、「五輪初出場にもかかわらず優れた技量と集中力で最後まで最善を尽くしたアン選手の姿は、国民に大きな感動と誇りを与えた」とねぎらった。

 重量挙げ女子53キロ級で銅メダルの尹真熙(ユン・ジンヒ)選手に対しても、「8年ぶりの五輪の舞台で自分との戦いに勝ち銅メダルの快挙を成し遂げた尹選手は、韓国の誇りだ」との祝いの言葉を伝えた。

最終更新:8月8日(月)11時2分

聯合ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。