ここから本文です

2017年ゴールデングローブ賞授賞式の司会はジミー・ファロンに決定

映画.com 8月8日(月)19時30分配信

 [映画.com ニュース]2017年ゴールデングローブ賞授賞式の司会が、ジミー・ファロンに決定した。

 ファロンは、長寿トーク番組「トゥナイト・ショー」の司会を14年2月から引き継いだ人気コメディアンで、10年にエミー賞授賞式の司会を経験。ゴールデングローブ賞の司会は今回が初めてとなる。

 長年にわたり司会を置かないスタイルを続けてきたゴールデングローブ賞だが、10年に英コメディアンのリッキー・ジャーベイスを起用し話題を集めた。ジャーベイスが12年まで司会を務め、その後の3年間はエイミー・ポーラーとティナ・フェイが担当。今年はジャーベイスが復帰していた。

 同賞を主催するハリウッド外国人記者協会のロレンツォ・ソリア会長は、「ジミー・ファロンはずば抜けた才能を持ったダイナミックなエンターテイナーであり、彼が17年の司会を務めてくれることにとても興奮しています」とコメントしている。第74回ゴールデングローブ賞のノミネート発表は12月12日、授賞式は17年1月8日に行われる。

最終更新:8月8日(月)19時30分

映画.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。