ここから本文です

<西銘駿&中尾暢樹>「劇場版ゴースト&ジュウオウジャー」主演ヒーローが語る 「2本合わせて完璧」

まんたんウェブ 8月8日(月)19時40分配信

 現在テレビ放送中の2大特撮ヒーローシリーズの劇場版最新作となる「劇場版 仮面ライダーゴースト 100の眼魂(アイコン)とゴースト運命の瞬間(とき)」(諸田敏監督)と、「劇場版 動物戦隊ジュウオウジャー ドキドキ サーカス パニック!」(柴崎貴行監督)が6日に同時公開された。仮面ライダーゴーストは全世界の人間をゴーストにしようとたくらむダークゴーストの陰謀に立ち向かい、ジュウオウジャーは宇宙全体をサーカスステージに作り替えるため地球を壊そうとする宇宙人ドミドルと戦いを繰り広げる。天空寺タケル(仮面ライダーゴースト)役を演じる西銘駿さんと風切大和(ジュウオウイーグル)役を演じる中尾暢樹さんに、撮影中のエピソードや互いの印象、映画の見どころなどを聞いた。

【動画】ライダーゴースト&ジュウオウジャーの主役イケメンが対談

 ◇初の劇場版に「半年間の成長が詰まっている」(中尾)

 今作が初の劇場版となる「動物戦隊ジュウオウジャー」に出演する中尾さんは、「初めての劇場版ということで、(テレビ放送開始から)半年間のみんなの成長が映画に詰まっています」と語り、スクリーンに映る自分たちの姿を初めて見て感動しましたので、たくさんの思いが詰まっているこの作品をぜひ見てほしいです」と初々しい笑顔を見せる。

 一方、「仮面ライダーゴースト」が単独では初の劇場版となったことについて、西銘さんは「単独としての劇場版は初めてなので、いつもみんな真剣ですが、初心に戻り気を引きしめて、1年間応援してくれたファンの皆さまに残念な思いはさせないように撮影に取り組みました」と振り返り、「先輩方と『MOVIE大戦(2015年公開の「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」)』や『仮面ライダー1号』(16年)をやって、そして今回はゴーストの集大成として僕たちの1年間がまとめられているような映画になっていると思う。そういう意味では成長した姿を皆さんに見ていただけるのはうれしいです」としみじみと語る。

1/6ページ

最終更新:8月8日(月)19時42分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。