ここから本文です

【ゴルフ】大山志保がリオへ出発「金メダル取ったら顔面ケーキお願い!」

東スポWeb 8月8日(月)11時16分配信

 リオ五輪女子ゴルフ日本代表の大山志保(39=大和ハウス工業)が8日、成田空港から出発した。

 日本選手団の公式スーツに身を包み、満面の笑みで会見に臨んだ「やっと夢の舞台に立てるという気持ちで、今はワクワクしています」と興奮を抑えきれない様子で話した。

 初めて五輪出場を目標にしたのは、ヒジの故障で米女子ツアーを撤退した2010年。「ヒジの手術をして、リハビリして。シードも落ちたけど、最高の目標を持っていたことが良かったと思う」(大山)

 五輪対策としては「ビデオで見たらグリーンのアンジュレーションがキツいようだったので高い球がいるかと」とのことで、ロフト60度のウエッジを持ち込んだ。

 ここ数か月悩まされ続けた首&背中痛も完全に回復し、先週の国内ツアーではパットも復調。「出るからには金メダルをめざします。私を見て『ゴルフをやってみたい』といろんな方に思わせたい」(大山)

 今後は米国ヒューストンで時差対策を兼ねた調整を2日間行い、11日にリオ入りする。

 会見の最後には報道陣にリクエスト。

「私、生クリームが大好きで、ケーキを(顔面に)バシャーンというやつやってみたいんですよ。誰もやってくれたことがないので、金メダルを取ったら、皆さんでお願いします」と周囲を爆笑の渦に巻き込んで旅立った。

最終更新:8月8日(月)14時8分

東スポWeb