ここから本文です

ストーム・トルーパーら『SW』キャラの中の人に迫るドキュメンタリー、12月日本公開

シネマトゥデイ 8月8日(月)19時40分配信

 映画『スター・ウォーズ』に登場するキャラクターたちのマスクの下、またはヘルメットの中の人物たちに迫ったドキュメンタリー映画『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』が12月17日より日本公開される。

映画『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』フォトギャラリー

 1976年夏、多くのアメリカ&イギリス人俳優たちがクレイジーなコスチュームとヘッドギアを身に着け、映画の内容も知らず、イギリスのエルストリースタジオである映画の撮影を行っていた。もちろん、同作が後に映画史にさんぜんと輝き、世界中のカルチャーに多大なる影響を及ぼす作品となることなど想像すらせずに……。

 本作は、『スター・ウォーズ』の撮影に参加したそんな人々を捜し求めて、彼らが作り上げた不思議なコミュニティーにたどり着いたジョン・スピラ監督が、これほどまでの社会現象の陰に生きることになった彼らを調査した記録だ。ボバ・フェット、グリード、反乱軍パイロット、サンドトルーパー、ストーム・トルーパー、Xウイングパイロット、ダース・ベイダーの“中の人”たちが何を見てきて、そして何を語るのか、『スター・ウォーズ』ファン必見の作品となっているといえるだろう。(編集部・市川遥)

映画『エルストリー1976 - 新たなる希望が生まれた街 -』は12月17日より新宿武蔵野館ほかにて公開
8月11日21時より「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016」にて日本初上映

最終更新:8月8日(月)19時40分

シネマトゥデイ