ここから本文です

イギリス人が考案 しょうゆを注ぐと不可能図形が浮き上がるおしゃれ小皿「Soy Shape」が資金調達中

ねとらぼ 8月8日(月)8時40分配信

 しょうゆを注ぐと立体が浮き上がるおしゃれ小皿「Soy Shape」がクラウドファンディングサイトKickstarterにて資金調達中です。

【限定バージョンは手作りの梱包】

 「Soy Shape」は、皿内部の立体構造によってしょうゆを入れると立体が浮き出てくるように見える仕組みです。浮き出てくるデザインは三角形と立方体の2種類。立体が見えるといっても、どちらも錯覚によって立体に見える不可能図形というのもまた素敵です。

 開発したのは東京でデザインスタジオを経営するイギリス人、ダンカン・ショットンさん。過去にもKickstarterでいくつかデザイン関連のプロジェクトを開催しています。「寿司の食べ方、食べ物の見せ方を次のレベルへ」と語るように、日本の料理に欠かせない調味料・しょうゆのひと味違った楽しみ方を提案しています。

 製造は陶磁器で有名な岐阜県の職人たちが担当。日本の技術とコラボした作品となっています。素材は白磁を使用しています。

 支援額によってもらえるリワードには、15ポンド(およそ2000円)で1皿、25ポンド(およそ3300円)で2皿セット、30ポンド(およそ4000円)で手作りの梱包に入れられた限定版2皿入りなどが用意されています。お届けは今年10月を予定しています。目標金額5000ポンド(およそ66万円)のところ、1万3000ポンド(およそ173万円)以上が集まっています(8月7日時点)。

最終更新:8月8日(月)8時40分

ねとらぼ