ここから本文です

富士スピードウェイ、スタッフユニフォームを刷新…開業50周年

レスポンス 8月8日(月)12時45分配信

富士スピードウェイは、開業50周年に合わせてユニフォームの刷新。オックスフォードシャツ半袖とロングパンツの新ユニフォームを、8月6~7日のSUPER GT 第5戦より着用開始した。

[関連写真]

デザインは、ファッション誌などでスタイリングを務める岡部文彦氏を中心としたモノづくりユニット「gearholic(ギアホリック )」が担当し、製作は総合スポーツ用品メーカーのミズノが担当した。

夏と冬の温度差など、富士スピードウェイならではの天候条件や、サーキットという特殊な業務環境に合わせ、「撥水機能」、「吸汗速乾性」、ミズノの独自開発の「ミズノブレスサーモ」など、アウトドアウェアの機能性を備えたユニフォームとなっている。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月8日(月)12時45分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。