ここから本文です

「ニセコイ」完結 “千葉県のYさん”が最終話で偉業を成し遂げる

ねとらぼ 8月8日(月)0時0分配信

 8月8日発売の週刊少年ジャンプ36・37号で古味直志さんの漫画「ニセコイ」が完結しました。全229話は同誌のラブコメでは歴代最長。同作といえば、サブヒロイン・橘万里花に尋常ならぬ愛を注ぐファン“千葉県のYさん”を生み出したことでも知られていますが、最終話ではそのYさんらしき人物がまたも伝説を築いていました。

【銀魂の人気投票にランクイン】

 千葉県のYさんの存在が公にされたのは2013年に行われた第1回人気投票。万里花に手書きで1500票投じたことから、発表時に「千葉県のYさんに特別な感謝を…」と名指しでコメントが送られます。その後の主な活躍は以下の通り。

●千葉県のYさん伝説

・「ニセコイ」第1回人気投票で万里花に手書きで1500票投稿
・「ニセコイ」第2回人気投票で万里花を2位に押し上げる
・「ニセコイ」第2回人気投票の19位にランクイン
・「ワールドトリガー」第1回人気投票の90位にランクイン
・スマホアプリ「ニセコイマジコレ!?」で万里花が配信された翌日全国1位獲得
・「ニセコイ」第1回エピソード投票で万里花回を1位にする
・万里花の誕生日(2015年)に「月の土地の権利書」と「花束」を作者に贈る
・万里花の誕生日(2016年)に「特注っぽいガラスの靴」と「花束」を贈る
・「ニセコイ」第3回人気投票に不参加も、贈ったプレゼントを持った万里花が描かれる
・「ニセコイ」第3回人気投票の19位にランクイン
・「銀魂」第4回人気投票の164位にランクイン

●過去記事

・2014年2月:「ニセコイ」人気投票第2回で番狂わせ 前回1500票を手描きで送った“千葉県のYさん”が奇跡を生む
・2014年2月:「ニセコイ人気投票」なぜか一般読者「千葉県のYさん」もキャラに混ざりランクイン 新たな地平を切り拓く
・2015年3月:ジャンプ800冊以上を入手だと……!? ニセコイの人気投票で“千葉県のYさん”がまたも「規格外の愛」を表現!!
・2016年3月:千葉県のYさん、「ニセコイ人気投票」に参加しない大事件発生 その影響で万里花順位を落とす

●ニセコイ公式Twitter

 そして最終話には、大人になった万里花がお見合い相手を選ぶシーンが描かれているのですが、そこに「さぁ! 今夜のお相手はどんな人でしょうか? えーと千葉県在住の…曜子 コレなんて読むんですか?」「これはですね…」とのやりとりが!! さすがに明示されてはいないものの、今までの文脈を踏まえると千葉県のYさんへのサプライズと解釈できます。千葉県のYさん、おめでとう!!

 なお、「読者が推しキャラとフラグを立たせる」という離れ業をやってのけたことで、ネットでは8月5日ごろに千葉県のYさんへの言及数が急上昇。Twitterではさまざまな祝福コメントが寄せられていました。

最終更新:8月8日(月)20時17分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。