ここから本文です

『スーサイド・スクワッド』が137億円超え! 全米オープニングぶっちぎりNO.1でスタート

cinemacafe.net 8月8日(月)19時0分配信

『スター・ウォーズ』の新作を抜いて、全米でいま“バズっている”映画として注目を集める『スーサイド・スクワッド』がついに現地時間5日(金)に全米で公開。週末興行収入は1億3,510万ドル(約137億8,000万円)、全世界興行収入は早くも2億6,700万ドル(約272億3,000万円)というメガヒットスタートを記録したことが分かった。

【画像】『スーサイド・スクワッド』ポスター

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を皮切りに、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『デッドプール』と、ヒーロー映画が立て続けに公開し大きな盛り上がりを見せた今年上半期。正義のため、愛する人のため、人々のために戦うスーパーヒーローとは違って、本作の主人公はバットマンらに捕まり投獄された“悪党たち”だ。

キャストには、公開前から圧倒的な人気を獲得している赤&青のツインテールにダメージTシャツ&ホットパンツとセクシーな出で立ちで、最凶ヴィランのジョーカーにメロメロの“恋愛依存症ガール”のハーレイ・クイン役マーゴット・ロビーを始め、子煩悩な伝説の暗殺者デッドショット演じるウィル・スミス、バットマンの最大の宿敵であるスーパー・ヴィラン=ジョーカー役ジャレット・レトなど、魅力的なキャラクターが続々と登場。すでにヒーローに見飽きていた人々や興味が無かった観客層も、本作は快楽的に暴れまわる“悪党たち”が主役というのを聞きつけ、製作発表当時より大きな期待が寄せられていた。

今回報じられた1億3,510万ドルという記録は、8月に公開された映画のオープニング興行収入が、2014年公開の『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(9,432万883ドル)を大きく引き離し、歴代第1位を獲得! また、IMAXのオープニング興行収入でも歴代第1位など新記録を樹立し、世界の期待を大きく上回る圧倒的な結果を叩き出した。

また、いままで見たことのない最高にクレイジーでポップな爽快アクションに、ファンのみならず「初日の観客の46%が女性、全体の28%が18歳以下というアメコミ作品では異例の盛り上がりをみせており、さらに女性と若年層の評価がとても高い!」(ハリウッド・レポーター)、「ほかのDCファミリーと比べると、スーサイド・スクワッドは非常に風変わり。いままでの真面目なスーパーヒーロー映画に誇らしそうに中指を突き立てた」(USA Today)などと辛口の全米メディアも大絶賛しているようだ。

『スーサイド・スクワッド』は9月10日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国にて3D/2D/IMAX同時公開。

最終更新:8月8日(月)19時0分

cinemacafe.net