ここから本文です

プライムサービス専用航空貨物機「Amazon One」、地元航空ショーでお披露目

ITmedia ニュース 8月8日(月)7時24分配信

 米Amazon.comは8月5日(現地時間)、米国のプライム会員専用の航空貨物機「Amazon One」を地元シアトルの航空ショーで初披露した。

【その他の画像】

 Amazon Oneは、米Atlas AirおよびAir Transpot Services Group(ATSG)からリースする40機のボーイング 767-300の1機で、機体には「Prime Air」というロゴが、垂直尾翼にはAmazonのトレードマークである矢印のスマイルマークがほどこされている。Prime Airは同社が2013年に立ち上げたドローンプロジェクトの名称だが、航空貨物サービスの総称にするようだ。

 ボーイング 767-300は、全長約55メートルで搭載重量は約2万5900キロ。内容量5.5立方メートルのコンテナを15台積載できる。

 プライム会員用貨物専用機は、現在既に11機が米国内で稼働しているという。輸送手段として専用貨物機を追加することで、プライム会員はさらに広範囲の選択肢を低価格で購入でき、すぐに入手できるようになるとしている。

最終更新:8月8日(月)9時38分

ITmedia ニュース