ここから本文です

イ・ビョンホン&キム・ミニ、「2016ディレクターズ・カット・アワード」男女演技者賞

WoW!Korea 8月8日(月)14時32分配信

韓国俳優イ・ビョンホンと女優キム・ミニが「2016ディレクターズ・カット・アワード」男女演技者賞を受賞した。

イ・ビョンホンのプロフィールと写真

 2016ディレクターズ・カット・アワード側は8日「『内部者たち』のイ・ビョンホン、『お嬢さん(アガシ)』のキム・ミニが男女演技者賞受賞者に選定された」と明らかにした。

 2016ディレクターズ・カット・アワードは昨年8月からことし7月までに公開した映画を対象に監督らが直接選定するアワードで、2014年から堤川国際音楽映画祭期間中に開催されている。

 監督賞は「哭声」のナ・ホンジン監督が受賞し、新人監督賞は「黒い司祭たち」のチャン・ジェヒョン監督、男女新人演技賞は「ドンジュ」のパク・ジョンミン、「お嬢さん(アガシ)」キム・テリが受賞した。

 また制作者賞は「ドンジュ」のシン・ヨンシン監督が、独立映画監督賞は「誠実な国のアリス」アン・グクジン監督が受賞の喜びを手にした。

最終更新:8月8日(月)14時32分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。