ここから本文です

柔道男子66キロ級 金メダリストのイケメン・イタリア人が話題に

デイリースポーツ 8月8日(月)7時25分配信

 「リオ五輪・柔道男子・66キロ級」(7日、カリオカアリーナ)

 海老沼匡(26)=パーク24=も準決勝で世界王者の安バウルに敗れ、2大会連続の銅メダルだった。優勝したのは、その安を破ったファビオ・バジレ(イタリア)だった。

 これまで目立った成績のないダークホースのイタリアンが、頂点に駆け上がった。決勝では1分24秒で世界王者の安から背負い落としで、一本勝ち。モデルのような顔立ちのイケメンが、金メダルをかっさらった。「正直、なにが起こっているのか分かってない。子供の頃からの夢だったんだ!」

 試合後は歓喜を爆発させ、観客席に吠えまくり、投げキスを繰り返すなどやりたい放題。日本のテレビの解説者からは「金メダリストの振るまいを学んでほしい」と苦言を呈されたが、その仕草はいちいち絵になった。

 ツイッター上でも「このイタリアの選手イケメン過ぎる」「朝からいいものを見た」という声が上がった。

最終更新:8月10日(水)13時10分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]