ここから本文です

メンヘラちゃんの琴葉とこ新刊「まりんとサダオ」幼馴染は誰とでも寝る女の子

コミックナタリー 8月8日(月)12時29分配信

「メンヘラちゃん」の琴葉とこによる単行本「まりんとサダオ」が、イースト・プレスより刊行された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「まりんとサダオ」は男子高校生・サダオと、10年前に引っ越して行った幼馴染の少女・まりんが再会したことから始まるラブコメディ。泣き虫でおとなしかったまりんが、誰彼構わずエッチしてしまう貞操観念ゆるゆるのアホ女になっていたことからサダオは頭を抱える。しかし彼女の性格が激変したのには深い理由が。

単行本には全13話とあとがきを収録。同作の冒頭6話分はWebサイトのマトグロッソに掲載されたもので、7~13話は描き下ろしになっている。

最終更新:8月8日(月)12時29分

コミックナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。