ここから本文です

【競泳】入江陵介 100M背泳ぎ 7位で決勝進出「まだ空回っている」

東スポWeb 8月8日(月)11時56分配信

【ブラジル・リオデジャネイロ7日(日本時間8日)発】競泳男子100メートル背泳ぎ準決勝でロンドン五輪銅メダルの入江陵介(26=イトマン東進)は53秒21で全体7位となり、8日の決勝に進出した。

「52秒台を目指していたのでちょっと遅い」とタイムには不満げな入江だが、課題も見ている。「スタートの浮き上がりだったり、ターン後がもたついてしまった。まだまだ空回っている泳ぎ」と修正点を挙げた。

 本命は200メートルだが、まずは100メートルで2大会連続のメダル獲得を目指す。

最終更新:8月8日(月)11時56分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。