ここから本文です

ロボットが接客する「変なホテル」2号店、舞浜にオープン 運営はハウステンボス

ITmedia ニュース 8月8日(月)11時45分配信

 テーマパーク「ハウステンボス」を運営するハウステンボスはこのほど、ロボットが接客する「変なホテル」2号店を2017年3月末に千葉県浦安市でオープンすると発表した。東京ディズニーリゾートの最寄り駅であるJR舞浜駅から徒歩圏内の立地で、来園客などの宿泊を見込む。

【画像】恐竜型ロボットが接客

 変なホテルは、フロント業務やロッカーへの荷物預かりなどを、恐竜型と人型のロボットが担当するホテル。15年7月に1号店がハウステンボス園内にオープンした。客室では顔認証システムで宿泊客を自動判別して解錠・施錠するなど、全体の7割の業務をロボットが行うことで人件費を抑えているという。

 2号店の客室数は全100室。レストランやカフェコーナーを併設するという。

最終更新:8月8日(月)11時45分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]