ここから本文です

リンジー・ローハン、元婚約者によるDV疑惑の証拠写真を公開

Movie Walker 8/8(月) 16:53配信

リンジー・ローハンが元婚約者のエゴール・タラバソフに、浜辺でDVを受けた証拠と言われる写真を公開し、リンジーはそれについて「男性にぶたれて、それでも一緒にいる女性はいません」とコメントしている。

【写真を見る】婚約報道からの急展開、DV騒動でゆれるリンジーとエゴール

英紙デイリー・メールが掲載した一連の写真を見ると、リンジーは浜辺でエゴールと揉み合いになっていて、エゴールは背後からリンジーの両腕をおさえて羽交い絞めのようにし、リンジーは必死で彼から逃れようとしている。エゴールはかなり怒った表情で彼女をつかんでいて、あがくリンジーのスカートはめくれ上がり、サマードレスの脇から胸もはみ出しそうになっていて、かなり激しく抵抗していたことが見てとれる。

「愛しているという理由で誰かと一緒にいることはできないとわかりました。男性にぶたれて、謝ってもらうこともせずに一緒にいる女性はいません」とリンジーは語ったと英紙デイリー・メールは伝えている。

リンジーはロンドン市内の自宅でも「彼に殺されそうになった」と夜中に騒いで近所の人々を起こし、警察が出動する騒ぎになったが、その時のことも説明。

「エゴールと私はディナーに出かけ、ダンスをして、楽しい夜を過ごしました。家に帰って私は就寝し、彼はまた外出しました。数時間後、彼が帰宅し、私が起きると、彼は私の体の上に立っていたのです。彼は我を忘れていました。とても攻撃的になり、私に暴力をふるいました。初めてのことではありませんでした。それが問題だったのです」とリンジーは泣いて話したと同紙は書いている。

「セレブであれ誰であれ、女性がこんな扱いを受けるのは間違っている」「で、この写真を撮っていた人は黙って見てただけ?」「走って逃げて後ろは振り返るべきじゃない。男性にこんなことされて耐えちゃダメ」「もうボディガードも雇えないんだろうか…」などのコメントが同紙サイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

最終更新:8/8(月) 16:53

Movie Walker