ここから本文です

北朝鮮、海外公館に「THAAD葛藤構造を最大化するために努力」を命令

WoW!Korea 8月8日(月)15時17分配信

北朝鮮が朝鮮半島に配置されるTHAAD(高高度防衛ミサイル、サード)に関連する米国と中国、中国と韓国間での葛藤構造を最大化するため、THAAD非難宣伝戦に関する指針を海外公館に命令したことが明らかになった。

 8日、政府当局者によると、北朝鮮外務省は最近、海外にある大使館などに「THAAD問題を米国の地域安保脅威および北朝鮮に対する挑発と規定し、情勢状況を有利にさせるための対外活動を遂行せよ」という指針を命令した。

 これと共に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長はTHAADの朝鮮半島配置発表直後、米国の軍事力増強策動と共に日米韓対中ロ対決構図を煽るよう指示したことも分かった。

 これに伴い、中国や東南アジアに派遣された労働党幹部と北朝鮮外交官はこの指針を遂行し、THAAD反対世論造成に乗り出していると伝えられた。

最終更新:8月8日(月)15時17分

WoW!Korea