ここから本文です

<リオ五輪>“土下座から出場へ”朴泰桓が番組で告白「劣悪な環境に水泳をやめようかと…」

WoW!Korea 8月8日(月)15時40分配信

2016リオデジャネイロオリンピックに出場している韓国の競泳選手パク・テファン(朴泰桓、26)が劣悪な練習環境で孤軍奮闘する姿が映し出された。

パク・テファンの紹介と写真

 去る7日午前に放送された「リオオリンピック特集-朴泰桓の最後の勝負」では、五輪を1年後に控えて練習にまい進するパク・テファンの姿を公開した。

 彼は一般プールで水泳講習を受ける人々の間で練習を進めていた。人々を避けて隈で練習をする姿、専門担当トレーナーもなく単独で孤軍奮闘した。

 パク・テファンは番組インタビューで「この1~2か月の間に考えることがとても多かったようだ。水泳を本当にやめなければならないのか…。泳ぐ時も周りの顔色をうかがって、練習をうまくできなかったから…」と述べた。

 ある専門家はパク・テファンが他国に比べても比較にならないほど劣悪な環境で練習していると伝えた。

 一方、リオ五輪でパク・テファンは200m、400m自由形共に予選落ち。来る9日に100m自由形に臨む。

最終更新:8月8日(月)15時40分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]