ここから本文です

女子100バタ 16歳の池江は6着、メダル届かずも「自己ベスト更新うれしい」

デイリースポーツ 8月8日(月)10時16分配信

 「リオ五輪・競泳女子100mバタフライ・決勝」(7日、五輪水泳競技場)

 16歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)は、56秒86の日本記録をマークしたが、6着に終わり、期待されたメダルに届かなかった。池江は準決勝は57秒05の全体3位のタイムで決勝に進出していた。

 サラ・ショーストロム(スウェーデン)が55秒48で自身の世界記録を更新して金メダルを獲得した。

 0秒23差でメダルを逃した池江は、レース後、「56秒台を出す目標があったので、メダルには届かなかったんですが、自己ベストが更新できてうれしいです。すごい緊張していたんですけど、4年に1度の五輪なので、あと4年、同じ年の子(銀メダルのオレクシアク)が2番取っているので追い付いていきたい」とコメントした。

最終更新:8月8日(月)14時20分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。