ここから本文です

「きょうのキラ君」に葉山奨之、平祐奈、安田顕らが参加

映画ナタリー 8月8日(月)16時0分配信

中川大志と飯豊まりえが共演する「きょうのキラ君」の追加キャストが発表され、葉山奨之、平祐奈、岡田浩暉、三浦理恵子、安田顕が出演することが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「海月姫」の川村泰祐が、「近キョリ恋愛」で知られるみきもと凜のマンガを実写映画化。他人と関わることが苦手な少女“ニノ”こと岡村ニノンと、誰もが憧れる人気者だがある秘密を抱える少年“キラ”こと吉良ゆいじの恋模様を描く。

このたび発表されたキャストは5名。ニノとキラのクラスメイトで陽気な矢部和弘役を葉山、キラの幼なじみでクールビューティな矢作澪役を平、ニノの父親役を安田、母親役を三浦、キラの父親役を岡田が演じる。

葉山は「矢部を演じるうえで一番気を付けたのは、“矢部が持つピュアな心”です」と、平は「澪ちゃんはクールでドSという自分には新しい役どころだったので、バッグの持ち方や、腕の組み方などを意識して演じました」とコメントを寄せた。

「きょうのキラ君」は、2017年2月25日より全国でロードショー。

葉山奨之 コメント
オファーを頂いて、矢部みたいな役をやりたいと思っていたところだったので、すごくタイミング良く嬉しかったです!! そんな矢部を演じるうえで一番気を付けたのは、“矢部が持つピュアな心”です。だからこそ、とにかく1人で暴走してスベろうと思いました。4人で仲良く、切磋琢磨して作った作品なので、撮影が終わった時は達成感と寂しさがありました。また機会があればキラ君の続編やりたいです。キラとニノンの関係性はもちろんのこと、澪ちゃんと矢部の恋愛も描かれてるのでそこにも注目していただけると嬉しいです。矢部の面白さが炸裂しているので映画館で笑ってください! もしかしたら矢部のカッコいいところが観れるかもしません!

平祐奈 コメント
オファーを頂いたときは、マンガ原作の映画に挑戦したいと思っていたのでとても嬉しかったです。澪ちゃんはクールでドSという自分には新しい役どころだったので、バッグの持ち方や、腕の組み方などを意識して演じました。撮影は、同年代のキャストで日々和気藹々としていて、芝居の勉強にもなり、いい刺激を受けました。この映画は、心温まるキラキラ青春物語になっています。エンドロールまで、是非注目してください!

みきもと凛 コメント
残念だけど愛されキャラな矢部とドSな澪を葉山さんと平さんが見事なコンビネーションで演じてくださっていてお2人が画面に出るだけで口元が緩みました。すっかりお2人のファンです。また、キラ、ニノの両親を演じてくださった安田さん、三浦さん、岡田さんは物語に深みを与えてくださり表情の演技に感動しました。中でも安田さんは元から大好きな役者さんでしたので出てくださったことが未だに信じられません。映画版のみんなも素敵で愛おしいです!



(c)2017「きょうのキラ君」製作委員会

最終更新:8月8日(月)16時0分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。