ここから本文です

九州のレンタカー利用数、ふっこう割などで好調

レスポンス 8月8日(月)20時15分配信

楽天トラベルは、8月1日から9月30日のレンタカーサービスの予約件数をもとに、「九州のレンタカー動向」を発表した。

九州のレンタカー予約は、「九州ふっこう割」や、九州の高速道路が定額乗り放題となる「九州観光周遊ドライブパス」の影響で九州周遊旅行の需要が促進され、前年同期比35.5%増と好調となっている。

県別では、利用件数が多い福岡県は同43.4%増、大分県は同72.7%増、宮崎県が同60.1%増。この3県が九州でのレンタカー利用を牽引している。福岡県では県内在住者の予約が同116.1%増となり、他県への宿泊を伴う旅行での利用や、糸島や唐津をはじめとする観光スポット巡りを楽しむ日帰り旅行での利用が好調だ。また、新幹線停車駅の小倉駅や、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」である官営八幡製鐡所関連施設が点在する北九州市(小倉・門司)周辺が同70.5%増と伸張している。大分県では、大分市内周辺が同97.9%増、別府市周辺が同166.2%増となり、大分市内観光や温泉旅行での利用が好調。宮崎県では首都圏在住者の予約が好調で同64.7%増となった。

居住地別では首都圏在住者による利用が件数ベースで全体の約4割を占め、同42.4%増となった。九州在住者の予約は同78.3%増と大きく伸張しており、九州域内旅行や宿泊を伴わないレジャーでの利用など幅広く利用数を伸ばしている。また、車両クラス別では長距離移動での利用に人気の高いハイブリッド車の予約が同167.4%増となり、九州周遊旅行での利用が好調だ。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:8月8日(月)20時15分

レスポンス