ここから本文です

母親の死が繋ぐ擬似親子、新鋭が描く心暖まる読み切りがフィーヤンに

コミックナタリー 8月8日(月)16時48分配信

本日8月8日に発売されたフィール・ヤング9月号(祥伝社)に、本誌初登場となる茜田千の読み切り「ユア・マイ・サン」が掲載された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「ユア・マイ・サン」は幼くして母を亡くしたケンジと、シングルマザーだった彼の母と恋人関係にあった陽介による心温まる物語。事故で母が亡くなった後、陽介は父親代わりとしてケンジを育て上げる。ケンジが独り立ちしてから少し距離のあった2人だが、母の墓前で久しぶりの再会を果たし……。

またヤマシタトモコが描く人格入れ替わりドラマ「WHITE NOTE PAD」は表紙を飾り、63ページというボリュームで巻頭に登場。えすとえむによる貴公子コメディ「いいね! 光源氏くん」は、2本立てで掲載された。

なお9月8日に発売される次号には藤緒あいのオムニバス新連載「かわるがわる変わる」が2本立てで収められるほか、宇仁田ゆみの読み切り「いとへん」も収録。さらに染谷みのる「君はゴースト(仮)」が、隔月連載でスタートする。

最終更新:8月8日(月)16時48分

コミックナタリー