ここから本文です

告別式に約1000人参列 原辰徳氏「千代の富士は大ヒーロー」

東スポWeb 8月8日(月)17時0分配信

 元横綱千代の富士の故秋元貢氏(享年61)の告別式が7日、東京・墨田区の九重部屋で営まれた。日本相撲協会の八角理事長(53=元横綱北勝海)をはじめ、プロ野球巨人前監督の原辰徳氏(58)、日本レスリング協会の栄和人強化本部長(56)、演歌歌手の細川たかし(66)ら約1000人が参列した。

 原氏は「我々の世代にとっては大ヒーロー。1か月くらい前にお会いしたのが最後。やせていたので心配していた。ショックです」と沈痛な面持ち。栄氏は「病気だと知っていたが、こんなに早く亡くなると思わなかった」と突然の別れを惜しんだ。

 栄氏によると、秋元氏は7月2日に東京都内で開かれた吉田沙保里(33)の壮行会に出席する予定を直前にキャンセル。代わりにビデオで吉田にエールを送ってくれたという。栄氏は「吉田には『(秋元氏を元気づけるために)五輪で絶対に金メダルを取ってみせような』と話していた。金メダルを取ることが彼女の役割」と五輪本番での活躍を誓った。

 秋元氏のひつぎは部屋を継いだ九重親方(40=元大関千代大海)や幕内千代鳳(23)ら愛弟子たちの手によって霊きゅう車へと運ばれた。出発の際には周囲から「千代の富士、日本一!」「ありがとう!!」などと次々と声が飛んだ。

最終更新:8月8日(月)17時0分

東スポWeb