ここから本文です

加護亜依が再婚 38歳会社経営者と

デイリースポーツ 8月8日(月)12時45分配信

 元モーニング娘。の加護亜依(28)が8日、報道各社にFAXを送り、38歳の美容関係の会社を経営する一般の男性と入籍したことを報告した。

【写真】加護亜依が赤裸々告白

 加護は直筆のFAXで「主人は初婚で38歳、美容関係の会社を経営しております。一般の人です」と明記。前の結婚でもうけた長女についても「何より幸せな事は、娘に深い愛情を注ぎ、温かい心で愛してくれております」と、かわいがってくれることも、結婚の決め手となったようだ。

 所属事務所によると、加護と夫は友人の友人という関係で知り合い、昨年秋から交際を開始。婚姻届けには、事務所社長の夫である元競輪選手の中野浩一氏が保証人の欄にサインをしているという。挙式、披露宴などは未定。

 加護は、2011年に会社役員(当時)の男性と結婚し、2012年に女児を出産も、2015年6月に離婚。元夫は、昨年5月に都内のマンションで加護に暴行、首や右手足に打撲など10日間の怪我をさせた疑いで6月に逮捕された。2014年10月にも出資法違反容疑(高金利)で逮捕(不起訴)されている。

 その後、加護は芸能活動を休止したが、昨年8月に復帰。今年1月には、かねてから親交のあった元競輪選手・中野浩一氏の妻でタレントのNAOMIが代表を務める事務所に移籍した。

最終更新:8月8日(月)14時2分

デイリースポーツ