ここから本文です

lyrical school新作で「格好悪いふられ方」サンプリング、1stアルバムも

音楽ナタリー 8月8日(月)18時29分配信

lyrical schoolが10月5日に3rdシングル「タイトル未定 / マジックアワー」、11月16日に1stフルアルバム「guidebook」をリリースすることが決定した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

これは昨日8月7日にイベント「TOKYO IDOL FESTIVAL 2016」のステージ上でメンバーの口からアナウンスされた。2カ月連続リリースのうち、先発の3rdシングルは両A面タイトル。大江千里の名曲「格好悪いふられ方」をALI-KICK(ROMANCREW)がサンプリングした楽曲(タイトル未定)と、グループの活動初期から「tengal6」「photograph」「PRIDE」など数多くの楽曲を生み出してきた坪光成樹と高橋コースケによるコンビが手がけた「マジックアワー」が収録される。

また、1stアルバムには現時点で大江千里の楽曲提供が決定している。両タイトルのジャケットは、韓国の人気イラストレーターであるキム・ジョンヨンの描き下ろしイラストを採用し、1つの街の風景を切り取ったような連動性のあるジャケットに仕上がった。

リリスクは8月12日に東京・代々木公園にてワンマンフリーライブを開催。新作を楽しみにするファンはぜひ足を運んでおこう。

lyrical school「LYRICAL SCHOOL ONE MAN LIVE "SUMMER FOUNDATION" 2016 @ 代々木公園野外ステージ(代々木音楽祭)」
2016年8月12日(金)東京都 代々木公園イベント広場野外ステージライブ:17:30~19:00特典会:19:15~20:00

最終更新:8月8日(月)18時29分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。